プロダクトローンチにおける3つのポジションと報酬体系について

ネットビジネス、特にプロダクトローンチやプロモーションでは
大きく3つのポジションがあります。

それがマーケター、コピーライター、コンテンツホルダーの3者です。

それぞれ当然役割はもちろんのこと、立場や発言力などが異なります。

今回の動画を見ていただければお分かりのようにコピーライターはその中でもかなり冷遇されたポジションに“なりやすい”という傾向があります。

ですが、それも立ち回り方や工夫次第で状況を変えることは可能です。

その中でも「マーケターに知識で負けないこと」が大事です。

「このコピーライターの意見を聞いた上で事業を進めていきたい」と思われるような、アドバイスを求められるポジションになれば、扱われ方はもちろん、報酬も大きく変わってきます。

投稿者プロフィール

菅又 啓太
菅又 啓太
ホテルやバーテンダーの仕事を経た後、フルコミッションの営業の世界へ飛び込む。その活動中にコピーライターという仕事を知り、知識・経験0の状態で23歳のときにいきなり独立。

「提案型の案件獲得」を武器にし、3ヶ月後には家から一歩も出ることなくネットだけで仕事を完結させる生活を実現。

ライティングを担当したプロモーションでは累計20億円以上を生み出し、現在はコピーライターの育成やディレクターとしても活動中。

まれにユーモアを交えながら毒を吐く習性がある。
ID→「@mkq7689e」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP