コンテンツ販売において顧客の満足度を劇的に高める3つのポイント

ビジネスにおいて顧客満足度を上げることはリピーターを増やすため、ひいてはLTV(顧客生涯価値)を高めるために非常に重要な考え方になります。

その中でも、コンテンツを販売するにあたって考えるべきポイントは3つあります。

それが

・中身
・外見
・渡し方

この3つです。

中身=商品そのものの質
外見=パッケージ、コピー
渡し方=演出

という意味合いになります。

「良いものを作れば売れる」という人は「中身」のことしか考えていません。
「セールスやマーケティングさえ上手ければ売れる」という人は「外見」のことしか考えていません。

大事なのはバランスです。

そして「渡し方」は見落としてしまいがちですが、
ここを工夫することで顧客満足度を劇的に高めることができます。

これは動画などのコンテンツ販売に限らず、リアルビジネスでも同じことが言えます。

投稿者プロフィール

菅又 啓太
菅又 啓太
ホテルやバーテンダーの仕事を経た後、フルコミッションの営業の世界へ飛び込む。その活動中にコピーライターという仕事を知り、知識・経験0の状態で23歳のときにいきなり独立。

「提案型の案件獲得」を武器にし、3ヶ月後には家から一歩も出ることなくネットだけで仕事を完結させる生活を実現。

ライティングを担当したプロモーションでは累計20億円以上を生み出し、現在はコピーライターの育成やディレクターとしても活動中。

まれにユーモアを交えながら毒を吐く習性がある。
ID→「@mkq7689e」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP