「学習効率を最大化させる3ステップ」でスピーディーにスキルアップしていこう!

こんにちは。菅又です。

Scrap&Buildではこれからコピーライティングに関する情報を始めとして、ビジネスにおけるノウハウや知識を幅広くお伝えしていきますが、一番最初に知っておいていただきたいことをまずお話したいと思います。

それが「学習効率を高める方法」です。

勉強をしても結果を出せる人と出せない(出にくい)人がいるのは
「学習」の仕方に違いがあるからに他ならなりません。

同じことを学んでもなぜ結果に違いが出るのか?
結果を出すための学習の仕方とは一体どのような流れを辿るのか?

ここではそんな「学習効率を最大化させる3ステップ」について解説していきます。

おそらく「インプット」と「アウトプット」という言葉は聞いたことがあると思います。

ですが、その間に「フィルター」を通すということを意識している人は少ないのではないでしょうか?

フィルターを通すとは簡単にいうと「自分の経験や得意分野、好きなもの」を通して情報発信をすることです。

漫画が好きだったら、何か特定の漫画を例え話の中で使ってみたり、今している仕事の専門的な話をするのも有効です。

それが面白さや個性、オリジナリティに繋がります。

逆に、ここのフィルターの意識がない人は何を発信しても「どこかで聞いたことがある」話になりますから、非常につまらないのです。。。

ぜひここのポイントを意識して学習をしてみてください。

今回のノートはこちらからダウンロードできます(PDF)

投稿者プロフィール

菅又 啓太
菅又 啓太
ホテルやバーテンダーの仕事を経た後、フルコミッションの営業の世界へ飛び込む。その活動中にコピーライターという仕事を知り、知識・経験0の状態で23歳のときにいきなり独立。

「提案型の案件獲得」を武器にし、3ヶ月後には家から一歩も出ることなくネットだけで仕事を完結させる生活を実現。

ライティングを担当したプロモーションでは累計20億円以上を生み出し、現在はコピーライターの育成やディレクターとしても活動中。

まれにユーモアを交えながら毒を吐く習性がある。
ID→「@mkq7689e」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP