コピーライティングのリサーチの秘訣は「異文化体験」をすること

コピーライティングを勉強している人は
「リサーチが重要」だということを聞いたことがあると思います。

けど、リサーチが大事と言われても
実践数がまだ少ない人にとってはなかなか腑に落ちないはず。

というのも、実戦経験がない人にとっては、リサーチをした時としない時の差がわかりにくいからです。

そこで、コピーライターとして仕事を取るときを例にして
「異世界を知る」というキーワードを通してリサーチの重要性について話してみました。

一言でいうなら
「同じ日本語を使っていたとしても、
”どんな意味をその言葉に持たせているか”は人それぞれ違う」

ということです。

これが理解できると、相手から「話がわかりづらい」と思われることがなくなり、
円滑なコミュニケーションが取れるようになります。

また、ライティングにおいてはシンプルに「伝わりやすいライティング」ができるようになります。

投稿者プロフィール

菅又 啓太
菅又 啓太
ホテルやバーテンダーの仕事を経た後、フルコミッションの営業の世界へ飛び込む。その活動中にコピーライターという仕事を知り、知識・経験0の状態で23歳のときにいきなり独立。

「提案型の案件獲得」を武器にし、3ヶ月後には家から一歩も出ることなくネットだけで仕事を完結させる生活を実現。

ライティングを担当したプロモーションでは累計20億円以上を生み出し、現在はコピーライターの育成やディレクターとしても活動中。

まれにユーモアを交えながら毒を吐く習性がある。
ID→「@mkq7689e」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP